外国為替の取引については

外国為替の取引については、「守秘義務」というルールがあって、ブローカーは、誰が売っているとか、誰が買っているというようなことを他に漏らしてはいけない。銀行のディーラーにとっても、このルールは当てはまる。
 
「ボリ平ドラゴン式」のチャートをご覧ください。いかがでしょうか?チャート上にいろいろな線がありますが、何も難しいことはありません。星の数ほどあるテクニカル分析ツールのうち。
 
インフレ対策としての外国通貨保有、外貨を「買い」で保有していれば、インフレや国内景気後退、円暴落など様々な回避できる?銀行の外貨預金の場合は「買い」のみなので、円安局面でしか利益をあげられない!
 
仮にその距離が100メートルあったらどうでしよう。手元のわずかなズレは、100メートル先では1メートルにもニメートルにもなってしまいます。為替相場でも同様なことがいえます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>